· 

雲が流れていく〜体験知の重要性〜

 

季節感のないトップ画像ですみません。

 

 

でも、今日の話はやはりこの画像がいいように思うのです。綺麗ですね。

 

 

 

テーマは「入道雲」です。

 

いや、国語の文章の話です。

 

もっと言えば、「体験知の重要性」の話です。

 

そこに着陸するので、しばらくお付き合いください。

 

 

 

文章を具体化しましょう

 

先日、小学生国語の論理学習の一環として、骨組みだけの文に、具体的な肉付けをしましょうという課題を取り扱いました。

 

 

 

お題:「雲が流れていく」

 

 

 

これでは、主語と述語が与えられているだけで、詳しい状況が伝わりません。

 

それを、自分の想像で補いながら文章を具体化していくのです。

 

 

 

 

すると、ある6年生の生徒からこんな文章が出てきました。

 

 

 

 

「夕暮れのオレンジ色の空を、入道雲が近くから遠くへゆったりと流れていく。」

 

 

 

いかがでしょう。

 

 

なお、この子の名誉のためにも言っておきますが、この子、学力高いですよ。

  

それでもこんな間違いを犯すのです。

 

 

僕が何を問題にしたいのか、お分かりでしょうか?

 

 

 

 

 

 

そんな状況はあり得ない

 

文法的には間違っていないでしょう。

 

想像すると、それなりに綺麗な光景が浮かんできます。

 

 

 

 

でも、そんな状況はありえないのです。

 

 

 

 

 

 

入道雲とは、積乱雲のことです。

 

 

 

夏の遠くの空に、もくもくと空にそびえるように見えるのは、夏の日差しで水蒸気が猛烈な勢いで上昇しているからであり、その下は基本的に土砂降りです。

 

入道雲は遠くから見るから入道雲に見えるのであり、その下にいれば自分が入道雲の下にいることすら気づきません。

 

そんな入道雲が「こちらから奥にゆったりと」流れる様子は通常見ることはできず、さらには、その時、オレンジ色の夕暮れの空であることはかなり稀です。

 

トップ画像のように、「入道雲が遠くの空にゆったりと浮かんでいる」は分かります。

 

あるいは、「右から左へ流れていく」もなんとか理解できると思います。

 

けれども、「入道雲がこちらから奥へゆったりと流れていく」は違和感を覚えます。

 

↓参考図

 

同じ授業で、別の子がこんな文章を作っていました。

 

「ふわふわとした白い雲が、まるで迷子であるかのように、右へ左へ流れていく」

 

比喩が使われており、小学生が授業中に瞬時に作ったにしては、文法的には悪くないです。

 

 

 

しかし、やはり突っ込んでしまいます。

 

 

「いやいや。それは風がどう吹いてるから、そうなるの?」

 

 

すると、

 

「え? 雲って風で動いているのですか?」

 

と返ってきました。

 

 

 

 

 

 

それを見たことがあるのか?

 

雲が風に流されていることを知らないのは驚きましたが、ここで問題にしたいのは、そうした理科的な知識を知っているかどうかではありません。

 

 

 

「そうした状況を見たことがあるかどうか?」を問題にしたいのです。

 

そして、自分が書いた文章を、自分の経験と照らし合わせ、どれくらい違和感を持つのかを問題にしたいのです。

 

 

 

もちろん本人たちが、ファンタジーとしての小説を書いているのなら、問題にしません。

 

想像力が豊かだね、と褒めてあげるでしょう。

 

しかし、おそらく、フィクション・ノンフィクション問わず、それ以外の分野で書く文章としては、ちょっとまずい。

 

 

 

何よりも、本人たちが、そうした状況を見たことがないにも関わらず、そうと気付かずに書いていることが最もまずいのです。

 

ゲームやファンタジーの世界と、現実の体験をごちゃ混ぜにしているとも言えます。

 

 

 

 

自分の体験から学ぶ知識を「体験知」と言います。

 

 

 

ここ数年、この体験知が弱いと感じることが多くなってきました。

 

いや、昔から感じていました。

 

最近は、それにますます拍車がかかってきたと思うのです。

 

体験が薄弱で、身の回りの出来事に無頓着すぎる、と。

 

 

 

 

学校で習うわけでもない、塾で学習するようなことでもない。

 

普通の生活の、普段の体験から学ぶ知識。

 

 

 

 

香川県がゲームを1時間に規制しようと物議を醸していますが、この体験知の弱さを日々実感する私としては、納得するところです。

 

 

ゲームなんかやっている場合じゃないって。

 

外で遊べ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お友達登録はこのバナーをクリック】

地域の学習・受験情報や、Moveが手がける講演会・イベント情報をお届けします。

 

※塾への勧誘をLINE@で行うことは全くありませんので、ご安心ください。