· 

素直に、高く、遠く

昨日は、島根県から合宿申し込みをいただきまして、

テンション上がっている宮脇です。

 

 Moveの生徒の中でも、

最初はどうしようかな、と迷っていた生徒たちが

「行きたいです」と言ってくれるようになっています。

 

こんな機会を毎年のように作ってあげられるかは分かりません。

 

チャンスだと感じる方は、ぜひ飛び込んできてくださいね。

 

 

 

申し込みはこちらから。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

快挙

 

さて。

 

第2回広島県全県模試が返ってきました。

(Moveの生徒さんには一人ずつ呼んで返却しています)

 

 

コロナ休校明け直後に実施された模試でしたが、

ここでMove初の快挙が達成されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【2020年度第2回広島県全県模試】

 

中1生 全受験者257人中 1位!

 

中2生 全受験者383人中 1位!

 

 

 

 

 

 

なんと、Moveの生徒が2学年同時に1位を奪取してしまったのです。

 

 

 

おお。

 

すごいなあ。。。

 

 

 

 

これまでちょくちょく1位を取ってくる生徒はいたのですが、

2学年同時はMove初。

 

 

 

これはもう、完全に生徒の努力です。

 

素敵ですね。

 

 

 

 

ただ一つ、塾の手柄だと自慢できるものがあるとすれば、

中3の塾内トップの子も含めて、3人とも小学生の時からMoveに通ってくれているということ。

 

 

 

 

小学生のうちに土台をしっかり作って、

Moveのような環境で頑張れば、

こういう成果を得ることができる!

 

という証明はできているかなと、思います。

#小学生のうちに土台を作ることは本当に大事

 

 

 

 

なお、

中3生から1位はさすがに出なかったものの、

中3がMoveの3学年で一番平均偏差値が高かったことも付け加えておきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

素直に、高く、遠く

 

そして

今回の模試の全体結果を見てしみじみ思いました。

 

 

 

やはり学力を上げる生徒は、

普段から素直に、目線を高く、遠くにおいている生徒だなあ、

 

と。

 

 

 

 

例えば、読書。



Moveでは週4以上コースの子たちには、塾での学習中に読書(1時間)を認めています。

 

 

今回の模試で上位に入った子たちの多くが、塾で本を読んできた子達。

 

 

 

 

素直なのです。

 

 

 

ある程度のデータ的根拠はありましたが、

Move初の試みとして、1月から読書タイムを導入していました。

 

 

今回成績を伸ばした生徒の多くは、

語彙力と知識を手にすることの重要性を聞けば、

それを信じてしっかり本を読もうとしてきたのです。

(もちろん個人差があります)

 

 

 

この結果を見るに、本も読まずに勉強するなんて労力の無駄、とさえ思ってしまいます。

 

 

 

 

 

受験直前でない限り、

つまり

「平時の勉強」の期間には

本を読みながら勉強する習慣をつける。

 

 

もちろんバランスは大事。

 

 

理想は、

2時間の勉強時間 + 1時間の読書タイム。

 

 

これを実践し続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ひょっとすると、

親御さんにも忍耐が必要かもしれません。

 

 

 

「そんな時間があったら勉強してほしい」

 

 

 

そう思うのが親心かもしれませんが、

目の前の定期テストではなく、

学力そのものの向上を見据えたら、

本を読むことに異論はないはずです。

 

 

 

 

目標をどこに据えるかです。

 

 

 

 

 

高校入試は通過点。

大学入試も通過点。

就職だって通過点。

 

 

 

最終的には、

子ども達が幸せに人生を歩んでくれたらそれがいい。

 

 

 

私はそう思っています。

 

 

 

 

そのために、綺麗事でもいい。

 

 

視線を高く、遠いところを据えて、日々を過ごしてほしいと願っており、

そのために有効な話を手を変え、品を変え、生徒達に話し続けています。

 

 

 

 

そして、

こんな綺麗事を唱え続けていると、

素直に実践しようとする子も現れます。

 

 

 

逆説的ですが、

今回の1位を取った子だけでなく、

ぐんと成績を上げた子の多くは、そういう生徒達であるという実感があります。

 

 

 

 

 

え?

 

視線を高く遠くに据えるにはどうしたらいいのか?

 

 

 

 

確かに一筋縄にはいきません。

 

 

 

だからこそ今回のような合宿を準備しているのです。

 

 

興味がある方は、ぜひ飛び込んできてくださいね。

 

 

お申し込みはこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    茂木 卓史 (火曜日, 30 6月 2020 08:35)

    快挙おめでとうございます。素晴らしいですね。しかし普通の塾では高校入試や大学入試がゴールである所が多いと思います。通過点と言い切るのは流石と思います。世の中に出てからの時間の方が長いですもんね。世の中から、ゴールが見えないから迷う子供が少なくなれば良いですね。

  • #2

    宮脇慎也 (木曜日, 02 7月 2020 15:14)

    高校入試や大学入試は通過点。

    それは、大人の誰もが知っていることなのに、なぜそれを伝えないのか分かりません。
    どんな仕事や生き方をしてもいいのですが、幸せな人生を送ってくれたらいいですよね。