· 

世界を広げる感情

高3生との雑談

 

今日は高校3年生の生徒と、進路相談・・・。

 

いや、そんな形式張ったものではなく、

 

進路に関する雑談をしておりました。

 

 

 

 

彼が言うには、

 

「自分の将来のことなんて深く考えたことはなく、いざ考えるとなるとなかなか難しい」

 

とのこと。

 

 

 

 

なんて素直な感想でしょう。

 

 

そういう生徒の方が多いのが実際でしょうね。

 

 

 

 

そこで、その雑談の中で

     

こういう世界があるよ、とか、

こういうことを考慮して考えた方がいい、とか、

こういう可能性もあるよね、とか、

 

色々な進路のお話をしていました。

 

 

 

その会話の中で僕が提示した世界に対し、

 

彼は

 

「それは楽しそうですね〜」

 

「それは、つまらなそう。嫌っすね

 

「それは・・・怖いっすね」

 

と、進むべき世界に想いを馳せては、

あれこれと感想を述べるのです。

 

 

 

 

 

 

自分の世界を広げる感情

 

 

さて。

 

ここからは完全に価値観が分かれるところですが、

最近の自分を振り返ってみても、

まず間違いないと思っているお話をします。

 

 

 

上の彼のように、

自分の進むべき道を選ぶ際、

色々な選択肢から何を選ぶと自分が飛躍するのか?

 

 

 

彼のように、

 

 

① 「面白そう」と思う世界

 

② 「嫌だ」と思う世界

 

③ 「怖い」と思う世界

 

 

という3つの選択肢があるとするなら、

オススメは何か?

 

 

 

そんなお話です。

 

 

あ。

あくまで僕のオススメですよ。

 

 

最終的な判断は自分でしてください。

 

 

 

 

あくまで

僕がアドバイスするなら、

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

③ 「怖い」と思う世界

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

②「嫌だ」と思うような選択肢は、

嫌なんだからやめておけばいいのです。

 

無理に選ぶ必要なんか、何もない。

 



 

 

①「面白そう」を選ぶのは悪くないです。

 

しかし、「面白そう」というのは、

自分がそれで成功している姿が思い描けるから

そうと感じるのです。

 

 

逆にいえば、今、自分の持つスキルや世界から

大きく成長することなくできてしまうものと言えます。

 

今まで自分が育ってきた世界と似ている、

親和性の高い選択肢だから、

肯定的に捉えられるのです。


現在の自分の延長線上でできるということですね


 

 





 

 

それに対して、

 



③「怖い」と思う世界は、今までの自分が全く知らない未知の世界。

 

その世界にも面白いことはたくさんあると感じ取っていても、

(そうでなければ「嫌だ」と思っているはずです)

これまでの自分が体験したことのない世界だから「怖い」と感じるのです。

 

 

だから、

もし自分が世界を大きく広げ、

スキルをぐんと伸ばしたいと思うのなら、

ぜひ「怖い」と思う世界に進んで欲しい。




 

そう思っています。

 

 




もちろん、これを実行するには勇気が必要です。

 

 



でも、

その怖さを感じながら、

勇気を持ってその世界に飛び込むと、

自分の世界が一気に広がること、

間違いありません。

 

 



最近の僕は、悩んだら怖いほうを選ぶようにしています。

 



 

やってみたいけど、

知らない世界だから、怖い。

 



でも、

思い切って飛び込んだら、

今まで自分が知らなかった

世界が広がります。

 

 

 

 

そういう選択も悪くないものですよ。

 

 

ご参考までに。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    茂木 卓史 (木曜日, 16 7月 2020 08:03)

    大学の恩師から物事を選ぶ時には、好き、嫌い、高い、安い、以外の5番目の価値で決めなさいと言われてました。怖いを選ぶと言うのは初めて伺いましたけど、素敵な興奮と達成感が待ってそうですね。怖いを選ぶとは素敵な話ですね。