· 

JAPAN e-portfolio停止

 

本日は、夏期講習最後のスケジュール、中学生の模擬試験の日でした。

 

みんな、お疲れ様でした。

 

例年5週間は取る夏期講習ですが、

今年は3週間しか取れず

時間としては短かった。

 

しかし、

日帰り合宿を行ったり、

例年にはない授業を入れたりして、

短いなりに充実したものだったように思います。

 

明日からは通常授業。

 

また気分を新たにして

楽しみながら頑張っていきましょう。

 

 

 

 

JAPAN e-Portfolio運営停止

 

さて。

 

このニュースをフォローするのを忘れていました。

 

 

大学受験生のみなさんは、

一応知っておいた方がいいですね。

 

「JAPAN e-Portfolio運営停止」です。

 

 

https://jep.jp/ 

 

 

ご存知ない方のために簡単に説明すると、

 

「JAPAN e-Portfolio」とは

 

高校在学中の学びや活動の記録を

生徒自身がインターネット上に

記録するシステムのことです。

 

大学入試の際には、

その記録を大学に提出することで、

調査書の代わりを担い、

高校の先生の負担を軽減するとともに、

高校の外の活動も評価しやすくなる

メリットがありました。

 

 

 

 

3年ほど前から準備が行われてきて、

大学入試改革の目玉の一つだったように

思うのですが、

一度も使われることなく

ひっそりと終了したようです。

 

 

 

まあ、

ベネッセが運営を委託されていたことから

かなり非難轟々で、

そのベネッセが運営から外れたら外れたで、

参加する大学が一気に減ってしまったという経緯があり、

運営を停止するのは時間の問題ではありましたね。

 

 

何れにせよ、

 

・共通テストの記述問題の廃止

・英検などの外部民間試験導入の廃止

 

そして、今回の

・JAPAN e-Portfolioの廃止

 

 

あれだけ世間を騒がした大学入試改革は、

結局センター試験から共通テストへと名称が変わり、

問題傾向が変更になっただけになってしまいましたね。

(これはこれで大きなトピックですが)

 

 

残念です。

 

 

制度や運営には改善点があったと思いますが、

大学入試改革の理念については

賛同していました。

 

 

こんなにも教育が変わる必要性が説かれているのに、

なぜ制度はほとんど何も変わっていかないのでしょう?

 

 

 

そして、

上の三つの廃止の全てに

ベネッセが絡んでいるという不思議。

 

 

ある時から大学入試改革に関わる

あらゆることにベネッセが関わるようになり、

その全てが廃止になるという現象。

 

 

僕らの知らないところで

一体何が起きていたのでしょうか。

 

 

 

 

進学空間Move LINE登録お願いします。
お友達登録はこのバナーをクリック