· 

好きなことをすればいい

 

現在、中学生は前期末試験が終わり、ちょうど模試も帰ってきたところですので、二者面談で一人ひとり話を聞いています。

 

なかにはぐんぐん成績が伸びていく子もいて、そんな子が「勉強が楽しいから、塾は好き!」と言ってくれると目を細めてしまいますが、一方で成績が伸び悩む生徒もやはりいます。

 

色々な生徒がいるのは、どこも同じでしょう。

 

今日はそんな生徒の中で、ある男の子をご紹介。

 

 

 

自分の好きなことに没頭するA君

 

中学生のA君。

 

この子をMoveにお預かりして2年弱。

 

なかなかエンジンがかからず、飄々と学習を進めてきた男の子。

 

模試の成績は上がったり、下がったり。

 

 

 

今回の定期テストも、試験直前でも他の子と違う動きを見せます。

 

他の子が午前9時から塾に現れるところ、10時からやってくるのです。

 

 

まあ、Moveの通塾時間は、自分の学習時間を自分で決めるフレキシブルな体制なので、そういうことも可能です。

 

その分、1時間遅く帰るだけです。(個別演習のいいところですね)

 

 

 

で、そうやって他の子より遅くやってくる理由をその子に聞けば、テスト期間で部活がない分、自主的な朝練を友達と頑張っている、と。

 

 

 

「おいおい、テスト前にそんなことやっていていいのか?」

 

と言いたくなりますし、実際に言いました。

 

 

すると、

 

「大丈夫です。勉強は勉強でしっかりやっています」

 

と返してくるじゃないですか。

 

笑顔が反則までに素敵な子で、悪びれることもなく笑っています。

 

 

僕も塾の先生をやって15年以上のキャリアになります。

 

 

 

そんな言葉が信用ならないことは、100も承知です。

 

しかし、ここでその大好きなスポーツを無理やり取り上げてもいいことにならないことも知っています。

 

 

いやあ、これは悩みます。

 

結論として、そのまま黙認しました。

 

実に甘い判断です。

 

 

ですが、塾での勉強姿勢はきちんとしています。

 

上の言葉も一概に嘘とも言い切れません。

 

フレキシブルな体制を敷いている以上、見守るしかないかな、と。

 

成績が落ちた時は説教ものだな〜と思いながら。

 

 

 

 

で、蓋を開けて見るとびっくり。

 

 

 

 

なんと過去最高を大幅に超える得点を叩き出してきました。

 

Moveの中でもそこそこ上位にランクインする数字です。

 

 

 

「あんなにスポーツにはまっていたのに・・・」

 

驚く僕に、彼は笑顔で言いました。

 

 

 

「だから言ったじゃないですか。

 

勉強は勉強でちゃんとやりましたから」

 

 

 

 

いやあ。

 

ムカつくくらいかっこよかったですね。

 

 

 

自分でやり出したら最強

 

この子は特殊な事例であるのかもしれません。

 

 

 

けれど、「自走し出した子が最強」という持論を裏付けるものでした。

 

 

 

自分の意思でテスト期間中にも関わらずやらなくてもいい朝練をやり出したA君。

 

常識では褒められるものではありません。(なにやってんねん)

 

 

けれど、本人もそれは百も承知で、勉強に手を抜くことなく、自分の意思でやり遂げたのが良かったですね。

 

 

 

多分、僕や周りの大人が無理やり自主練を中止させていたら、ふてくされて勉強に対しても悪影響を与えていたでしょう。

 

 

まあ、無理ですね。

 

大人の思い通りにならない生徒を、無理やり思い通りさせようとしても。

 

 

 

これは僕ら塾講師もそうですし、親御さんもそうだと思います。

 

 

 

学習が波に乗らない生徒に対して、何かを強制的に禁止してもいいことなんかありません。

 

よほど本人が納得しないと逆効果です。

 

それを禁止したからといって勉強に集中するなんてあり得ると思いますか?

 

僕の学生時代を思い返してもあり得ません。

 

 

 

しかも、それが心の拠り所になっている場合は最悪です。

 

心がボロボロになって、生活を立て直すことから始めないといけないケースすらあります。

 

 

ですから、親御さんが良かれと思って、何かを禁止しても中学生以上の子には多くの場合逆効果になると申し上げておきます。

 

 

むしろ、それを応援することが子どもたちの心の安定をうみ、学習にも好影響を与えるものと思っています。 

 

 

 

 

生徒のみんなへ

 

さて。

 

ここからは生徒の皆さんへメッセージ。

 

Moveの生徒も見ているでしょうから、彼らへのメッセージ。

 

 

 

上で、僕はとても甘いことを言いました。

 

それこそ理想論を書いています。

 

 

一方で、それが真実だとも思うのです。

 

 

だから、君たちには自分の好きなことをやってほしい。

(ただし、ゲーム中毒になるのだけは勘弁)

 

応援しています。

 

 

 

でも、ですね。

 

君たちが自分の好きなことをやるのを応援したいのですが、その分学習にも前向きに頑張ることは君たちの責務だと思うのです。

 

少なくとも、知の領域で活躍できるように大学進学を目指し、そのために親御さんにお金を出してもらっている人は、そうした状況をもらっている自分への責任として学習に前向きに取り組んでほしい。

 

 

要するに、自分の責任で両方やれ!です。

 

 

 

どちらもできるのであれば、最高に素敵です。

 

中学生のうちにそれができるようになっていなければ、高校に行ってもできません。

 

だって、勉強も部活もハードになるのですから。

 

 

 

体力と時間と時期のバランスを考えて、両方とも前向きに頑張ることに挑戦してほしい。

 

 

 

辛くなったり、相談ごとができたら、いつでも来てください。

 

 

 

その時まではなるべく黙って応援しています。

 

 

 

進学空間Move LINE登録お願いします。
お友達登録はこのバナーをクリック

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    茂木 (木曜日, 01 10月 2020 07:45)

    宮脇先生おはようございます。勉強とスポーツ両立させるのは大変だと思いますけど、その子の『だから言ったじゃないですか?』って台詞に努力の跡が感じられますね。素晴らしい