· 

誰のための塾か?

たくさんのお問い合わせ、ありがとうございます

※トップ画像は先日訪れた岩国錦帯橋の桜。とても綺麗でした!

 

 

 

進学空間Moveは9年目に突入しています。

 

現在、絶賛春期講習開催中。

 

 

同時に、連日お問い合わせをいただいています。

 

ありがたいことです。

 

色々なルートからお話をいただくのですが、特に嬉しいのは、卒塾生の親御さんから話を聞いて、以前から興味を持ってくださり、タイミングが来たからと、お問い合わせを下さった方です。

 

いわゆる“口コミ”というやつですね。

 

卒塾生の方が塾を離れて数年経ってもMoveのことをお勧めしてくださるのは、塾人冥利に尽きます。

 

これからも、ぜひぜひあちこちでMoveのいい噂を広めてくださいますようお願いします。

 

 

 

さて。

 

ただそうやって、せっかくお問い合わせをいただいても、お話を聞いて入塾をお断りするケースがあります。

 

それは、Moveが提供しようとするものと、そのご家庭が望んでいるサービスが大きく異なる場合です。

 

 

先日、Moveが提供していない特別コースをそのお子様のために開講して欲しいという入塾希望の方がいらっしゃいましたが、残念ながらそんなことをしても、いい結果にはならないでしょう。

 

しかも、お母様の望む方法は、全くMoveの理念に合致する指導法ではありませんでした。

 

その要望にお応えすることは物理的には可能でしたが、丁重にお断りさせていただきました。

 

その指導を得意とする塾に行かれた方が、お子様のためにも有益でしょう。

 

 

 

また、生徒本人にやる気がなく、親御さんのみMoveに入塾させたいというケースもあります。

 

その場合、僕は生徒さん本人に「脅し」をかけます。

 

 

「Moveの学習は、1日3時間。それを最低週3回。コースによっては毎日。

 

授業中は一切の私語厳禁で、勉強する雰囲気を全員で作ってもらいます。

 

しかも中学生の定期テスト2週間前の土日は、1日5時間や8時間の勉強になるけど、それをきちんとやろうとする『やる気』はありますか?」

 

と。

 

 

他にも色々な話をしますが、そうしたMoveの制度を聞いて、むしろそういう場所できちんと頑張りたいという気持ちになってくれる子はなんの問題もありませんが、稀にいる「そこまで厳しいのはちょっと…」という子には無理にMoveを勧めることはありません。

#そんなに厳しくないけどね

 

ぶっちゃけ、もう少し「ゆるい」塾さんはいくらでもあります。

 

 

Moveも民間企業ですので、生徒数やら売上やらを考えると、その辺をごまかして入塾してもらうことも可能なのですが、そんなことをしても双方のためになりません。

 

 

Moveに入塾させたいというお母様には大変申し訳ありませんが、タイミングを改めてもらうようお願いしています。

 

 

 

 

誰のための塾か?

 

ただ、こうした出来事があって、僕自身反省もしました。

 

Moveが目指している塾の姿をもっときちんとお知らせしないといけない。

 

これまでもやっているつもりでしたが、まだまだ不十分だったということでしょう。

 

 

 

 

では、改めて

 

Moveは誰のための塾なのか?

 

 

基本的には、

 

公立小学校→公立中学校から、公立上位高校進学を目指し、難関大学を目指す生徒のための塾です。

 

この場合の公立上位校とは、基町や安古市、祇園北高校などのことです。

 

そして、それを主に個別演習形式(自立型学習)で達成しようとする塾です。

 

一斉指導や1:2個別指導も開講していますが、それはあくまで補完的な目的で行われるのであり、基本的には自分の力でどんどん進めたい生徒のためにあります。

 

 

 

上位校進学を目指す子にとって、本当に必要なものは、より高いレベルに到達するための学習ができる環境です。

 

Moveはその環境を提供することを存在意義の第一に掲げています。

 

やる気はある。

 

だけど、そのやる気を持続させる環境と仲間と指導者が欲しい。

 

その中でどんどん自分でやっていきたい。

 

 

そう考える生徒のためにある塾です。

 

また、色々な事情により学校で勉強することが困難な子にも門戸を開放しています。

 

成績自体は平均程度あれば大丈夫。

 

 

そんなことより、勉強したいけど、できない。

 

その環境が欲しいという子にはぜひ来て欲しいですね。

 

 

 

さらに、最近では中高一貫校に通っていて、Moveが提供する環境に惹かれて通ってくれる子もいます。

 

中高一貫校でもやる気のある子は大歓迎です。

 

 

 

 

 

こうした考えに賛同していただける方からお問い合わせをお待ちしています。