· 

挨拶の理由

日曜日の夜はMove初のZoomによる新中1向け入塾説明会を行いました。

 

合計で16のご家族のご参加をいただき、まことにありがとうございます。

早速体験入塾のお申し込みもいただき、嬉しいです。

 

オンラインであれリアルであれ、授業であってもそうですが、自分が前面に立って説明すると客観的に見れず、きちんと伝わっているのか不安になります。

 

ですが、皆さんのご感想を伺うときちんとご理解いただけたみたい。

 

「Moveさんはいい塾だなあ」

と、見学してくれた同業の先生からも感想をいただきました。

 

素直に喜ぼうと思います。

 

 

挨拶の理由

 

さて。


その説明会の中でもお話したのですが、

Moveには鉄則ともいうべき約束事がいくつかあります。

 

その中の一つが、

 

 

来た時と帰る時の挨拶をすること。

 

 

 

「こんにちは」でも「よろしくお願いします」でも、

「ありがとうございました」でも「さようなら」でもいいのですが、

とにかく来た時と帰る時には、必ず聞こえるように挨拶をすること。

 

そうでない人が出てきた時には、途端に不機嫌になることがあります。

 



僕の癖として、子どもたちにルールを課すときは必ず理由を説明するようにしているのですが、これの理由なんて特にないのです。

 

 

 

子どもたちには「僕のわがまま」と伝えています。

 

 

 

単純に、塾長である僕が、挨拶もできない関係の人と何時間も一緒の空間にいたくないだけ。

 

だって、挨拶もしない人に「勉強教えてください」と言われても「嫌だ」と思っちゃうから、と伝えています。

それが仕事であっても、「嫌だ」と思っちゃうのは思っちゃうんですよ。

 

無茶苦茶な説明の仕方と思うかもしれませんが、仕方ありません。

 

それが素直な理由なのですから。

 

 

 

そりゃあ、教育論的なことを振りかざして、

「挨拶をすると、お互いが気持ちよくなるでしょう?

だから挨拶をするようにしないといけないんですよ」とか、

「儒教文化の日本では、目上の人に対して挨拶を交わすのは当然のことです」とか、

理屈をつけてもいいのですが、

僕自身がそんな説明に深く納得したことがないので、そのように伝えないのです。

 

 

ただ単純に、「塾長である僕が挨拶をしない人と一緒にいたくない」というわがままを振りかざしているだけ、と説明しています。

 

なんて乱暴な説明でしょう。

 

 

しかし、不思議なことに、

これに関してはそういう乱暴な説明をした時の方が、子どもたちのうなずき方が深いんですよね。

 

この理由がおかしいという意見も聞いたことがない。

 

むしろ妙に納得できると言ってもらえます。

 

 

 

彼らも知っているのでしょう。

 

挨拶をしない時の居心地の悪さを。

 

道徳的なことを説明するのに、実は理屈なんていらない。

感覚に訴えた方が納得できることもある。 

 

時には、そういう説明の方が効果的であるというお話でした。

 

 

生徒アンケートから「Moveのいいところ」

 

さて、今日も生徒のアンケートのご紹介。


テーマは「Moveのいいところ」。

塾生はこんなところがMoveの長所と思ってくれているようです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    茂木 (水曜日, 03 2月 2021 00:21)

    素敵な話ですね(^^)/理由を付けて諭すことではないですよね。基本ですもんね
    子供たちのアンケートには温かさが感じられますね。素晴らしい