· 

広島大学に強い高校はどこだ?

広大に最も進学者を出している高校はどこだ?

 

 

このテーマについて、サンデー毎日の『大学入試全記録』からデータを抜粋しました。

 

 

2019年度入試のデータですが、

学習塾のブログネタとしては、押さえておかないといけないところ。

 

他県の塾長先生が同様の記事をアップしていたので、真似をさせていただきました。

(ここで旧帝大の合格者数じゃないのが中国地方の辛いところ)

 

 

 

 

 

進学校に進むのであれば、

その先の大学も考えながら選ばないといけません。

 

中学の成績だけで高校を選ぶのは、少し早計です。

 

こういうこともきちんと押さえておきましょう。

 

 

 

   

※その高校の進学先の偏差値的レベルを本当に知るのであれば、その他の大学も見なくてはいけません。

今回のランキングは一つの目安としてお使いください。

 

 

 

 


 

では、どうぞ。






 

 

 

高校別広島大学進学者(2019年度入試)

 




基町  70名

広島  52名

舟入  50名

修道  38名

安古市 37名

広大附属 36名

ノートルダム清心 32名

国泰寺 27名

呉三津田 26名

女学院 25名

近大附属東広島 24名

広島学院 24名

皆実  18名

福山誠之館 18名

廿日市 17名

AICJ       17名

尾道北 16名

なぎさ 15名

加茂  13名

祇園北 12名

広大附属福山 12名

広   12名

 

※青字は私立高校

※10名以上の高校を掲載

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと意外ですよね

 

このランキングを見てどう感じますか?

 

意外だったという方も多いのではないでしょうか?

 

 

基町は、旧帝大や早慶など最難関大学を狙うための高校であって、

広大に進学するためには、安古市や国泰寺の方が行きやすいイメージがあった人もいたでしょう。

 

 

ですが、

実際に広大に最も多く進学者を出しているのは、基町高校なのです。

 

 

それが基町高校の役割なのかどうかは、大いに疑問があるところですが、実際にはそういう数字が出ています。

 

 

 

Moveのある安佐南区だと、

 

広大に行くには安古市!

 

というイメージを持つ生徒は多いかもしれませんが、

そのイメージは訂正しておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

【お友達登録はこのバナーをクリック】

地域の学習・受験情報や、Moveが手がける講演会・イベント情報をお届けします。

 

※塾への勧誘をLINE@で行うことは全くありませんので、ご安心ください。