· 

Web講演会無事終了しました

まずはお知らせです。

 

もう5月も下旬に入りました。

6月は定期テストラッシュを迎えるのですが、

それが終わると塾は夏期講習モードに切り替わっていきます。

 

それに向けて

7月3日(土)

2021夏の塾選び @安佐南区民文化センター

が開催決定です。

 

詳細は、後日お知らせしますが、

安佐南区の優秀な学習塾が集結!

 

たくさんの塾の話を聞いて

自分にあった塾を選んでくださいね。

 

まずは手帳に書き入れて

予定を確保してください。

 

Zoom講演会終了しました!

さて。

ここからが本題。

 

連日お知らせしていた

5月23日(日)の宮脇によるZoom講演会が無事終了しました。

 

お申し込みは講演直前まで続き、

なんと128名の方がお申し込みくださいました。

 

リアルタイムでは正確な人数は分かりませんが、

65アカウントがZoomに入室してくれました。

(1アカウントで数名の方が一緒に見てくれていたり)

 

これだけの方が、講演家としてなんの実績もない僕の講演に時間とお金を割いてくれたことに

感謝申し上げます。

 

昨日の話が少しでも皆様のお役に立ち、

皆様を苦しめる「負のフィクション」を

書き換えるきっかけになってくれたら

こんなに嬉しいことはありません。

 

リアルタイムでご覧になれなかった方も、

ご覧になった方も

録画動画をお送りしますので、

ぜひご覧ください。

一両日中にはお送りできると思います。

しばらくお待ちくださいね。

 

また、アンケートにお答えいただいていない方は、

リンクよりぜひお願いします。

https://forms.gle/3kGBr1t8AuLbdz2H7

 

僕の励みにもなるし、

反省点も見つかり、次回のブラッシュアップにも役立ちます。

 

それに、

僕が何を話していたかを思い出すことで

皆さんの復習にもなります。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

講演会アンケート

さて、皆様からいただいた講演会のアンケートの一部を公開しますね。

たくさんいただいているのですが、1日に2〜3通ぐらいを目処に公開していきます。

 

どんな講演会だったのか、参加できなかった方も想像してくださいね。

 

 

※ネタバレを含みます。

これから動画を見るから知りたくないと言う方は、見ない方がいいかも…。










1人目:Suzyさん

宮脇先生、お疲れ様でした。

とっても良い講演会でした。ありがとうございます

 

公演を聞き終わってまず感じたのが、私が学生時代(高校生)にこのようなお話を聞きたかったということです。今回お話を聞いた生徒さんが羨ましいです。

 

今は話が難しかったとしても、「あの時宮脇先生が言われていたな」という時がきっとくると思います。

 

宮脇先生がどのような思いで進学空間ーMoveを作られたのかを教えてもらいました。

継続することの難しさから

安全で 安心して 頑張れる空間 を提供したい

生徒さんに「居場所」を作られたんですね。

これは本当に大事だと思います。

 

人生100年時代、シングルステージからマルチステージに変わり、旧来の人生モデルは通用しなくなるなどこれから変化することを教えてもらい、どのようにしないといけないかということを考える機会を与えてもらいました。

 

他にも印象に残った内容があります。

・興味のある分野に飛び込んでどの分野でもいい、1/100人の人材になってごらん

これを探し出すのに勉強が必要なら、勉強の場を提供するよ(正確ではないと思いますが)

・自分で決めるための3か条

・世界を広げるための3つのこと

 

「第2回」いろんな大人に出会う2daysイベント」のゲストスピーカー皆さん素晴らしい方ばかりですね。

お目にかかりたい方ばかりです。今からわくわく、とても楽しみです。

 

(宮脇の返答)

Suzyさん

ありがとうございます。

たくさんの内容をきちんと覚えていただいて、感激です。

今回の講演会は子どもたちに伝えたいことのようで、大人の方達にこそ伝えたい内容をふんだんに盛り込みました。

受け取ってもらえて、嬉しいです。

8月のイベントでもぜひお会いしましょう。

 

 


2人目:かりんさん

宮脇先生のお話を聞いて、団塊ジュニアである私達は、団塊世代の常識や価値観が刷り込まれていて、無意識にそれを子供にも当てはめようとしている自分に改めて気づきました。

子供達の世代は人生が100年以上になって、マルチステージ制の人生が当たり前となる時代を生きるのに、親世代の考え方を当てはめることができないのは当然で、価値観を見直さないといけないと思いました。

 

自分が進みたい道を自分で決めることが大切で、自分で人生を決めることで幸福度が決まるというお話も、本当にその通りだと思いました。

親はそれを見守り寄り添うことはできても、自分の価値観を押し付けてはいけないと思いました。

ついつい、子供のため…と色々口出ししてしまうことを反省しました。

 

宮脇先生のお考えは子供にも浸透しているようで、自分で考えて自分で決めて行動する子になっていると感じます。

親としては、びっくりしたり心配になることもありますが、自分で考えて決めることが自然に身についたのは、MOVEで宮脇先生に出逢えたことが大きいと思います。

ありがとうございます。

 

(宮脇の返答)

かりんさん

いつもありがとうございます。

 

そうなんですよね。

僕ら保護者は、頭でわかっていてもついつい子どもに口を出してしまいがち。

今の時代は価値観が変わる過渡期です。

子どもと一緒に僕たちも変わっていかないといけないなあと思うのです。

 

 

 


3人目:tsunaguさん

 

自分で決めた興味のある分野に、まず、飛び込んでみることです。 

何かを始める時、とても勇気がいりますが、

やってみることで、新しい世界が広がる。

先生のお話を聞かせていただき、何だかとてもワクワクしました。

やってみたい気持ちはあっても、ブレーキを踏んでいるのは、自分自身なんだと改めて思いました。

人生100年時代。この先も幸せに生きていくために、何ができるのか、何がしたいのかを

子供と一緒に、私達も考えながら、今できることをコツコツ頑張っていきたいと思います。

 

最後に、宮脇先生の言葉が心に響くのは

何故だろう?と思っていました。

それが、昨日わかったような気がします。

先生自身、辛い経験を乗り越えてこられたからなんですよね。

その言葉に勇気をもらってる方は、たくさんいらっしゃると思います。

これからも、たくさんの方の心に寄り添っていって下さいね。

今後とも、よろしくお願い致します。

 

 

(宮脇の返答)

tsunaguさん

いつもありがとうございます。

人生100年時代、まだまだ僕らの世代もやれることがたくさんありますよね。

お子さんとともに楽しんでくださいね。

僕もそうしたいと思います。

また、僕の言葉がお母さんの心に届いているのであれば、本当に嬉しいです。

そう考えると、「あの経験」も決して無駄ではなかったですね。