· 

RCCラジオ「おひるーな」に出てみたよ

 

 

今日は、午後1時過ぎに、

合宿のゲストスピーカーの一人、

井筒智彦さんがパーソナリティーを務める

RCCラジオ「おひるーな」に出てみました。

 

 

 

公共の電波に自分の声が10分以上も

乗るのは初めてのことなので、

貴重な体験をさせてもらいました。

 

 

と言っても、

電話で答える形で15分くらいのコーナーに呼んでいただいただけですけどね。

 

 

 

 

 

 

で、

こういう不特定多数の人にお話しする時は、

やたら緊張するのが、僕の常。

 

 

思い起こせば、

西野亮廣講演会で

主催者挨拶をした時のガチガチ具合たるや・・・。

#あれは完全に黒歴史

 

 

 

 

 

 

でもね、

 

 

今日はあまり緊張しなかったんですよ。

 

 

 

ここ1、2年、それなりに場数を踏んできたからかな。

 

話の中身も、これまで何人もの前で話してきた合宿の話。

 

 

 

どんな話でも大丈夫、と思って、平常心で臨みました。

 

 

 

 

出だしも悪くもありません。

 

それなりにきちんと対応していたはずです。

 

 

 

 

ただ、正直、戸惑うことはありました。

 

 

一番困ったのは、

アナウンサーさんが僕に質問しているのか、

井筒さんに質問しているのか分からないということですね。

 

 

どっちが答えても良さそうな質問に、

判断がつかなかったことはあります。

 

 

多分スタジオでは、

井筒さんとアナウンサーさんは

顔を見合わせているので、

どっちに質問をしているのか、

一目瞭然なのでしょうが、

電話で聞いている僕としては

ちょっと戸惑ってしまいました。

 

 

 

けれど、

そんなのも(多分)さらっとクリアーして

自分なりにお話していました。

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

やはり事件は起こったのです。

 

 

 

 

 

 

開始して10分頃のことです。

 

 

「満天の星空の下、

井筒さんに宇宙のお話をこども達にしてもらうのは・・・」

 

 

 

 

と言いたかったはずですが、

 

 

 

「満天の星空の下、

宇宙さんに宇宙のお話を・・・」

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

あれれ???

 

 

 

 

 

 

俺、今何を言った?(O_O)

 

 

 

 

宇宙さんって・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、井筒さんも笑ってくれて、

フォローを入れてくれたので、

「失礼しました」と謝って

なんとかその場は終わりましたが、

流石に恥ずかしかったです。

 

 

井筒さん、大変失礼しました。

 

裏で「宇宙さん」と呼んでいる事実は

決してございません。

#ただの言い間違いです

 

 

 

 

そんな感じで

ちょこちょこと反省点はあるのですが、

大きなミスはなかったはず。

 

 

 

 

まあ、いいや。

 

 

合宿に対する思いは、

きちんとお話できたはず。

 

「進学空間Move」の名前も

公共の電波に乗せることができた。

 

 

僕としては十分です。

 

今回の反省は、

またいつかこういう機会が

ある時の糧にしますね。

 

 

 

 

 

 

楽しかったです。

 

井筒さん、番組の皆様、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

そんな井筒さんもゲストスピーカーとして登場してくれる合宿の申し込みはこちら。 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    茂木 (火曜日, 28 7月 2020 20:20)

    宮脇先生、先生でも緊張されるのです(笑)Moveの事がますます広まると良いですね(^^♪

  • #2

    宮脇 (水曜日, 29 7月 2020 21:11)

    緊張はいつもしていますよ。
    ライブ配信の時もガチガチでした。
    だいぶ慣れたつもりなのですが、まだまだ修行が足りません。