· 

夏休み限定小5・小6対象・フォニックス講座

まずはお知らせから。

 

先日からお知らせしています宮脇渾身のイベント・The Door(8/21・22開催)ですが、

現在、15名の方からお申し込みをいただいています。(定員まで65名)

 

塾生の参加希望を聞いていると、少なくとも50名くらいは来てくれるのかな〜と思っていますが、

もちろんもっと来て欲しい。

 

こういうイベントを開催する方としては、

参加することを決めているのであれば早くお申し込みくださると、準備と胃の痛みの関係で助かります。

 

お申し込みはこちらの専用HP、もしくはブログ下部の画像からお願いします。

 

フォニックスってなに?

 

さて。

ここからが本題。


7月22日(木)から始まる夏期講習ですが、

その中である小学生講座が大人気です。

 

 

その名も

Phonics(フォニックス)講座。

 

2時間(途中10分休憩あり)×7回完結の講座です。

税・教材費込みで15,000円。

 

 

Phonicsとは、英語の発音のルールのこと。

 

多くの方が勘違いしているのですが、英語の発音は綴り(つづり)と関連性があって、ルール化されているのです。

 

そのルールをPhonics(フォニックス)と言います。

 

 

 

アルファベッドのローマ字読みに慣れた子が、英語を読む際にそもそも読み方が分からず、英語嫌いになることはよくある話。

 

そんなハードルはない方がいい。

 

 

 

例えば、Mike(マイク)という男の子の名前を「ミケ」と読んで、教室の笑いを誘うのは、私たちが中学生の時代にはよくありました。

 

そして、それが原因で英語嫌いになることも。

 

 

 

しかし、ミケと呼んだ子を責めるわけにはいきません。

 

習ったローマ字読みのルールからすれば、Mikeはミケと読んで正解です。

 

あの手の間違いは、その子の責任というより、英語の発音のルールを伝えていなかった大人側の問題です。

 

英語の発音のルールをきちんと知っていれば、Mikeは「マイク」と確かに読めます。

 

 

 

 

 

その英語の綴りと発音のルールを学ぼうというのが、

今回のフォニックス講座の目的です。

 

 

昨年、小学校の教科書が改定され、小学英語が難しくなりましたね。

そして、この春からは中学の英語教科書が難しくなりました。

 

 

これまでの英語教科書とは明らかに一線を画す内容です。

 

 

そこに取り組む前段階として、小学校のうちにまず英語の発音のルールを学びましょう。

 

 

実はこのフォニックス、Moveでは、例年、新中1に伝えていた内容です。

 

 

ですが、最近の英語教育の情勢を考えて小学5年生・6年生に伝えようとこの夏に初めて開講するわけですが、

これが思っていた以上の大人気のようで、塾生からのお申し込みが殺到しています。

 

 

 

そんなに人気なら、今Moveに通っていない子の中にも必要としている人がいるでしょう。

 

 

だから、少々、直前感が否めないけど、受講生を募集します。

 

 

 

それは面白そう!

 

と思った人は、ぜひこちらからお知らせください。

 

面談の上、講座に参加していただきます。

 

 

 

なお、Zoomで受講する子も4名ほどいます。

 

関東や関西から参加予定です。

 

 

つまり、日本全国から受講できるのです。

(あと数名は受け入れ可能です)

 

ピンと来た方は、下の要項をご確認の上、ぜひご連絡ください。

 

 

______________________

【夏期限定!小5・小6対象フォニックス講座】

 

対象:小学5・6年生

料金:15,000円(教材費・消費税込み)

 

日程:

下記の日の午前10:10〜12:00

7月26日・29日

8月2日・5日・9日・16日・19日

 

お申し込み方法:

こちらのフォームにてお申し込みくださるか

電話にて承ります。

______________________

 

どうぞよろしくお願いします。