· 

子ども大学にボラスタに行ってきました

 

Zoom説明会のご案内をしていますが、ありがたいことに連日お申し込みや入塾のお問い合わせをいただいています。

しっかり準備して有益な情報をお届けしますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

福山少年自然の家

 

さて、本題です。

 

個別指導以外の授業が休講日だった日曜日。

福山少年自然の家のイベント「子ども大学」にボランティアスタッフに行ってきました。

 

福山少年自然の家は、Moveでも何度か講演会に登壇してくれた沼本愼二先生(沼ちゃん先生)が所長をされている施設です。

 

今回のイベント「子ども大学」とは、数日間に渡って、広島県内の小学2年生〜6年生を集め、様々な先生を呼んで、多様な観点から学ぼうという企画です。

 

Moveの「たくさんの大人に出会うイベント」の小学生版みたいだなあ、と思っています。

 

 

 

今日の講師の先生は、

 

自分理解スペシャリスト 奥貴美子先生(クッキー先生)と、

 

中学生2年生の全国トップクラスのヴァイオリニスト 安塚かのんさんです。

 

クッキー先生はこちらの記事でご紹介した方ですよ。

 

 

 

クッキー先生と安塚かのんさん

 

いやあ、良かったなあ。

 

クッキー先生が、子どもたちの「好き」を自分で認識させていくプロセス。

 

「え〜。そんなの分かんない」とか言っていた子が、クッキー先生の次の質問で自分の「好き」を自覚していくのです。

 

そして、時間の都合上全員ではなかったですが、立派な自己紹介や挨拶を発表する小学生たち。

 

「いいなあ。ああいうの、塾でもやりたいな〜」とつくづく思いました。

 

って、夏のイベントでやるんですけどね。

 

 

 

そして、安塚かのんさんのバイオリンがすごかった。

 

安塚さんは中学2年生ながら全国区での評価を得るバイオリニスト。

 

その音色を間近でたっぷりと聞く贅沢。

 

子どもたちに「本物の芸術」を見せてあげたい、それも中学生であっても本気で努力したらここまですごくなれるということを見せてあげたい、という沼ちゃん先生のキャスティングでしょう。

 

 

音楽には疎い僕ですが、素敵な時間をいただきました。

 

そして、子ども達がかのんさんのバイオリンと合奏する光景は、一スタッフとしても楽しい時間でした。

 

 

それにしても、安塚かのんさんはすごかった。

中学2年生とはとても思えない立ち居振る舞い。

 

スピーチも実にしっかりしたもので、感心しきりでした。

 

塾生と同年代の子であっても、いくらでも学ぶことがありますね。

 

ありがとうございました。 

 

 

 



 

 

最後に記念撮影をしてもらいました。

 

僕はかのんさんの真横に立っていたはずなんだけどな。

 

遠近感が狂いそうになる写真です。