· 

試行錯誤力

中学1年生の数学の問題

久しぶりに塾らしい投稿を。

 

今日は朝から後期中間テスト対策。

 

中学生が朝9時から一生懸命課題に取り組む日。

 

 

 

そんな中、ある中学1年生の男の子がトップ画像の問題【左の(1)】を質問に持ってきました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

問:

A、B、Cの文字が1つずつか書かれた3種類のカードA、B、Cを、A、B、B、Cが左から順に繰り返されるように何枚も並べていく。

下の図は、カードを10枚並べたところを示したものである。

A、B、B、C、A、B、B、C、A、B

(1)カードを45枚並べるとき、45枚目に並ぶカードに書かれた文字を答えなさい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんな問題でした。

 

答えは何も難しくはありません。

 

 

規則性を考えて、

 

45÷4=11あまり1

 

の計算をし、

あまりが1なのだから、

繰り返される4枚の1枚目である

Aが一番右に来ると答える問題です。

 

 

ほら、難しくないでしょ?

 

 

でも、ここでこのやり方を教えてはいけないのです。

 

 

 

僕の指示は、

 

「45枚全部書いておいで」

 

です。

 

 

その子は、意外そうな顔をしました。

きっと計算式を教えてもらえるものと思っていたのでしょう。

でも、それじゃダメなのです。

 

だって、これは自分で一度書いてみて、その中で法則性に気づく問題なのだから。

 

じゃないと、上の画像の(2)も絶対解けません。

 

 

 

文字式で表すこともできなければ、

 説明しなさいとか、無理です。

 

 

 

試行錯誤力

 

この規則性を見抜く問題によく表れることですが、

「試行錯誤力」が弱い子が増えたなあと思います。

(昔から多いのも否めませんが、最近特にです。)

 

 

最終的に法則が見抜けなくて、計算式が立てられないのは問題ないです。

 

 

色々なパターンを練習して、教えてもらってマスターしていけばいいのですから。

 

そのために僕らがいます。

(実際に、質問に来た子には最後まで教えています)

 

 

 

でも、とりあえず45個のアルファベッドくらいは、まず自分で書いてみる。

 

 

 

全てはそこからでしょう。

 

 

やはりなんでもかんでも、

大人が先回りして

子供達から「失敗するチャンスを奪う」ことは

慎まないといけないですね。

 

 

大事なのは、

小さい時から自分であれやこれや試して、

失敗して、試して、失敗して、また試すような

試行錯誤力。

 

 

 

学習を通じて考える力を養うってそういうことでしょう。